交通事故の法律相談

ひとりで悩む必要はありません お早めにご相談ください

初めての方へ

法律相談料30分5,000円(消費税別)

ご相談はこちらから

HOME > 業務のご案内 > 交通事故の法律相談

  • ・交通事故にあったが、どうすればよい?
  • ・財産分与って何ですか?
  • ・離婚しても子供に会えますか?

交通事故にあった場合

交通事故は突然起こります。実際に事故が起これば誰でも動揺するものです。しかし、それでも、交通事故の際は最低限やっておくべきことがあります。まずは、必ず警察に通報することです。警察に通報しておけば、後に、交通事故証明書を取得しやすくなります。交通事故証明書は、保険金請求等のために必要な書類です。

交通事故にあった場合イメージもっとも、交通事故の現場でけが人がいれば、その人の救護が最優先です。これは法律上の義務でもあります。
次に、警察がくるまでは、交通事故現場を保存するように努めて下さい。警察が到着すると、実況見分調書という書類が作成されますが、この場合、交通事故の立会人として署名や押印を求められます。これは後々まで証拠となるものです。作成の際に、きっちりと自分の認識について述べておきましょう。

▲ページの先頭へ

保険会社からの示談の申出があった場合

交通事故によりどのような被害を受けるにせよ、加害者が入っている保険会社の担当者から示談の申し出がされるはずです。この申し出を必ず受け入れなければならないかというとそれはNOです。

交通事故の示談は、あくまで、加害者(保険会社)と被害者の合意により成立するものです。当人が納得できない示談の案を受け入れる必要はありません。

交通事故問題は、この提示された示談案が適切で妥当なものかどうかを判断できるのか?ということです。さすがにそれは交通事故の法律家でなければ直ちに判断は困難です。気づかぬうちに当然受けるべき補償を全く受けられない、などということにもなりかねません。

▲ページの先頭へ

交通事故問題の解決の方法について

交通事故問題の解決の方法についてイメージ先にでてきた示談も実は交通事故の解決の一方法に過ぎません。他は、裁判所が判断する交通事故裁判があります。その他には、同じく裁判所で取り扱いますが、話し合いを行う調停というものもあります。あと、交通事故の和解の斡旋をする財団法人交通事故紛争処理センターや財団法人日弁連交通事故相談センターがあります。交通事故問題の事案に応じて選択することとなります。どの手続きを選ぶかは、交通事故の法律の専門である弁護士にご相談されるとよいでしょう。

▲ページの先頭へ