振り込め詐欺のわかりやすい手口

時事問題_アイコン

時事問題_アイコン今日、知人から、身に覚えのない代金請求を受けて困っている、との相談がありました。

 

メールで、株式会社吉岡興信所の担当者の川田と名乗る者が、サイト利用の未払い利用料を支払え、と送ってきたそうなのです。

 

相談者は、そんなサイトに申し込んだ覚えはないものの、もしかしたらどこかボタンを触ってしまったかもしれない、と心配しているのです。

 

文章を読んでみると、おかしなところがたくさんありました。

 

宛名を、「お客様へ」と書いてあるのみで、知人の名前を書いていない。

不特定多数の者へ送りつけている証拠です。

 

通信記録をとるぞ、と書いてありますが、通信記録の請求は、弁護士でもなかなか応じてもらえません。

 

支払督促をかけるぞ、と書いてありますが、支払督促はこちらが異議を述べれば、通常の訴訟に移行するだけで、最初から提訴する場合と何ら変わらず、支払督促を強調する意味もありません。

 

おまけに、株式会社吉岡興信所をネットで検索してみると、同じようなメールを送りつけられた被害の声がたくさん出ています。

 

明らかに振り込め詐欺です。

 

絶対にこちらから連絡をとってはいけません。

 

面白くなったので、こちらから電話をかけてみたのですが、いくらかけても話し中でつながりません。

 

支払えとのメールを見て、慌てて連絡をした人だけをターゲットにしているのです。

 

振り込め詐欺は、逮捕されて起訴されたら、少なくとも7~8年の実刑をうけるのに、なんとも向う見ずなヤツラです。

 

こんなやつら、早く捕まえてください。

 

(小倉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。