高齢者に対する虐待の相談場所

成年後見 福祉_アイコン

成年後見 福祉_アイコンある依頼者から、親族である高齢者が別の親族から虐待を受けている、という相談を受けました。

 

その高齢者はある特別養護老人ホームに入居しているのですが、別の親族から金銭を搾取されている可能性があるというのです。

 

別の親族が金銭を管理しているのに、短期間のうちに多額が引き出されている、というのです。

 

特別養護老人ホームにかけ合っても、入居契約の保証人である他の親族の手前、施設側はつれない態度をとってくるのだそうです。

 

そこで、どこに相談したらいいのかと、私のところに相談に来たわけです。

 

高齢者虐待が疑われる場合、高齢者が自宅にいるのであれば、地域包括センターに相談するのが適策です。

 

しかし、高齢者が施設にいる場合には、施設は親族同士の争いに巻き込まれるのが嫌なので、知らん顔する傾向が強い。

そうなると、施設を管理指導する市区町村に相談するのが適策です。

 

本事件でも、私はその特養を管理指導する市役所に相談をもちかけました。

 

ただ、市は、結構及び腰でした。

できることに制限がある、と前置きをしながら、要は私を帰らせようとする意図がありそうに見えました。

 

けれど、そんなことにくじけていられません。

高齢者虐待防止法を引き合いに出して、市区町村の義務と行動範囲を指示して、市に動いてもらうことができました。

 

市の方から、特養や問題となっている親族にかけ合ってくれたようで、それをきっかけに事態が急転しました。

 

他の親族が高齢者の成年後見を申し立てたのです。

 

これを機会に、今後は成年後見人がこれまでの金銭費消を調査することになり、公正な解決が得られる見込みです。

 

こういうときには、市区町村に相談するのが適格ですね。

 

(小倉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。